>

使いどころとメリットデメリット

ビジネスローンの使用目的

この記事の中でも何度か述べているように、ビジネスローンとは事業拡大や資金繰りに使われることが多く、またビジネスローン自体、事業目的で使われることが前提となっており、個人の名義でローンを組むことができません。企業や個人事業主のみへの融資となっています。
そして緊急で資金が必要なときにもビジネスローンは力を発揮します。
一般のローンは審査に時間がかかりすぐには融資を受けられないという難点があります。ビジネスローンは担保がなく審査もすぐに結果がでるので、一般のように何日も審査結果を待つ必要はなく、すぐに融資を受けられます。
そのため、緊急性の高い事案で資金が必要なとき、または一時的に資金繰りをしたいときにビジネスローンを有効に使うことができます。

ビジネスローンのメリットデメリット

他のローンと比べてどんなメリットがあるのでしょうか。
ビジネスローンの特徴の一つにスコアリングという審査方法があります。一般の銀行融資では多人数で融資の審査をする方法が取られていますが、ビジネスローンは融資を受ける側が申告した情報をデータで処理し、自動で判定を出すという方法です。
前者では審査の結果が出るまでに数週間かかりますが、このスコアリングの審査は最短でなんとその日のうちに審査が降りて融資を受けられるようになります。
即効性の高さが大きな特徴となっています。
また欠点として金利が他のものよりも高いという点があります。ビジネスローンの金利は6~18%で、金利は信用性や融資額によって変わってきます。
初回の借り入れで少額の融資だと金利も上限ギリギリになる可能性が高いということになります。


この記事をシェアする