>

ビジネスローンが広まった背景

ビジネスローンとはどういうものか

ビジネスローンとは事業性の担保のないローンのことを指し、中小企業や個人事業主に向けた融資が主になります。
前述の通り、もともとは大企業対象がメインで、中小向けのものもないことはなかったものの、利益の少ない中小企業や個人事業主に対する融資は銀行側が積極的でなく、そのためあまり一般的ではありませんでした。
金融危機の際にビジネスローンの基準や仕様が変わったことにより中小企業や個人事業主への融資が始まったとこがきっかけとなり今のローンの形態が普及しました。
担保がなく、小口の規模に分類されるので中小企業や個人事業主でも安心して使用できるということですね。
一般的には中小企業や個人事業主などの、事業の拡大や資金繰りなどに使われていることが多いようです。

一般のローンとの違いとは

ではビジネスローンは、一般的なローンとは何が違うのでしょうか。
カードローンなどの一般向けのローンは、個人向けのキャッシングになります。利用目的は自由なのですが、例外的に営利や事業目的での利用が不可とされています。つまり事業拡大や資金繰りという目的で中小企業や個人事業主は一般ローンを使用することができません。
また一般向けのローンは、融資の際に事前に準備する必要のある書類や資料があったり、細かい審査があったりと融資を受けるまでにかなり時間がかかるのが特徴であったりもします。
ビジネスローンはそれに対して中小企業や個人事業主対象のものになるので、事業目的の融資であることが前提になっています。
そして、統計データに基づき信用度をスコア化した「スコアリングシステム」という審査方法を採用しています。


この記事をシェアする